僕の茶化すような質問

「きまっていますよ、」 と橋田氏は、僕の茶化すような質問に立腹したような口調で、「貴族の立小便なんかじゃありませんよ。少しでも、ほんのちょっとでも永く、私たちの傍にいたくて、我慢に我慢をしていたせいですよ。階段をのぼる時の、ドスンドスンも、病気でからだが大儀で、それでも、無理して、私たちにつとめ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 01:46 pm  

あれは、死にますよ

「え?」「きょう行ってみたら、いないんです。あれは、死にますよ。」 ぎょっとした。「おかみから、いま聞いて来たんですけどね、」 と橋田氏も、まじめな顔をして、「あの子は、腎臓結核《じんぞうけっかく》だったんだそうです。もちろん、おかみにも、また、トシちゃんにも、そんな事とは気づかなかったが...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 01:45 pm  

買うのが馬鹿の証拠だ

「どだい、買うのが馬鹿の証拠だ。」「あら、私、馬鹿じゃないわよ。子供なのよ。」「子供? お前が? へえ?」 僕は二の句がつげず、しんから、にがり切った。 それから数日後、僕はお酒の飲みすぎで、突然、からだの調子を悪くして、十日ほど寝込み、どうやら恢復《かいふく》したので、また酒を飲みに新宿に...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 01:45 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0199 sec.

http://vividnews.jp/