他聞は憚る一大事じゃ

「他聞は憚る一大事じゃが、しかし女房は一心同体。おぬしにだけなら話しても好かろう。これ、びっくりしてはならぬぞ。隠居所の御客人はアレこそ当国の太守、少将様の御落胤、奥方様御付きの御腰元|鶴江《つるえ》というのに御手が付いて、どうやら妊娠と心づき、目立たぬ間にと御暇《おいとま》を賜わった。そこで鶴江殿...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 01:56 pm  

当国|長船《おさふね》の住人初代|長光《ながみつ》の作

「遠慮とあればそのままで好いが、中身は当国|長船《おさふね》の住人初代|長光《ながみつ》の作じゃ」「へえ――」「これを御所蔵のこの御方は、仮に小笠原《おがさわら》の苗字を名乗らせ給えど、実は新太郎少将光政公の御胤《おんたね》、金三郎《きんざぶろう》様と申上げるのじゃ。改めてその方に御目通りゆるさ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 01:50 pm  

どの部屋も空いて居ります

「御覧の如く、未だどの部屋も空いて居ります。泊りの御客は夕方からで御座りまするで……」「しからばここにて一大事を申し聴かすであろうが、先ず第一に、その方に預けて置く品がある。さァ、駒越氏、例のをこれへ」 色の黒い駒越という浪人が、早速そこへ投出したのは、皮の腹巻のまま、ズシンと響く小判百枚。 ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 01:50 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0179 sec.

http://vividnews.jp/