クリスマス後二日目の朝

 クリスマス後二日目の朝、私はシャーロック・ホームズに祝いを言っておこうと思い、部屋を訪れた。ホームズは紫色のガウンにくるまってソファに持たれかかっていた。右側のパイプ置きは手が届くところにあり、手元には、調べたばかりに違いない、皺だらけの朝刊が山積みされている。ソファのそばには木製の椅子があって、背もたれの角にひどくみっともない帽子がかかっていた。かなりくたびれており、ひび割れているところがいくつもある。レンズとピンセットが椅子に乗っているところからして、この帽子は分析するためにこうしてあるらしい。「仕事中か」と私。「邪魔かな」「ちっとも。成果を話す相手がきたんで嬉しいよ。問題はじつにくだらない」――ホームズは例の古帽子に親指を向けた――「が、その裏にはおもしろい点もあるし、ためになる点だってないわけじゃない」 私はホームズの肱掛椅子に腰を下ろし、ホームズの前の爆ぜかえる暖炉で両手を暖めた。外には厳しい霜がおり、窓は厚い氷のクリスタルで覆われていた。「どうやら」と私は言った。「見た目こそありふれているけど、これにまつわる恐ろしい話があるらしいね――そして、それが手がかりとなり、君は謎を解き明かしてその犯罪を裁く」「違う、違う、犯罪とは違うんだ」ホームズは笑い出した。「気まぐれな、くだらない偶発事のひとつだよ。ほんの数平方マイルの土地で四百万の人間が押し合いへし合いやっていれば、こんな事件も起きるもんだ。こうも密集した人の群れによる作用と反作用の中では、さまざまな出来事のあらゆる組み合わせが起こりうる。そして、犯罪性とは無縁ながらも、突飛な小事が無数に姿をあらわすんだ。ぼくらはそういう事件もすでに経験してきた」「そうだね。ぼくが記録に加えた最近の六事件も、三つはまったく法律に触れていなかったな」「まったくだ。それで思い出したよ。アイリーン・アドラー文書。ミス・メアリ・サザーランドの奇妙な事件。唇のねじれた男の冒険、か。そう、この小さな事件が同じカテゴリーに収まるのは間違いないな。守衛のピータースンを知っているね?」「ああ」「これはピータースンの戦利品だよ」「ピータースンの帽子だったのか」

— posted by id at 02:03 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0963 sec.

http://vividnews.jp/