御傍《おそば》御用の日記

「御伺い致しましたところ、御覚えの程シカと御心には御留めあらせられぬとの御仰せ。しかし、御傍《おそば》御用の日記取調べましたるところにては、初代長光の御脇差。こしらえは朱磯草研出しの蝋色鞘。山坂吉兵衛の小透し鍔に、鮫皮萌黄糸の大菱巻の※[#「木+霸」、第3水準1-86-28]《つか》。目貫には銀の輪蝶《りんちょう》の御定紋。ちゃんと記録が御座りまする」「ふむ、それに符合致す脇差を、浪人が所持するに相違無いな」「左様に御座りまする」「その金三郎と申す浪人の面体《めんてい》は」「恐れ多い事ながら、御上に克似《そっくり》の箇所も御座りまする」「ふむ――」 智慧出羽《ちえでわ》と云われた池田の名家老も、こう聴いてはハタと当惑せずにはいられなかった。「それで御上にはなんと仰せあそばされた。御脇差を御直々に、侍女《こしもと》鶴江に御遣わしの御覚え、あらせられるか、あらせられぬか、何んと仰せあそばされた」「どうも覚えは無い……との御言葉」「ふむ、その御言葉は、濁っていたか。澄んでいたか」「何ともそこは、拙者には……」「いや、大事なところじゃ、構わず御身の見たままを云って見なされえ」「憚《はばか》りなく申上げますれば、平時《いつも》の御上の御言葉とは少し御違いあるかに承わりました」「それで、この事件を他の者には聴かさずと、この出羽に先ず相談せよと、こう御上は仰せられたのか」「左様に御座りまする」

— posted by id at 02:01 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.2304 sec.

http://vividnews.jp/