忽ち人は注目して

 忽ち人は注目して、自然にお綾を取囲むので、さなきだに備前の夕凪《ゆうなぎ》。その暑苦しさにお綾は恐れをなして、急いで吾家へ逃げ込もうとした。` するとその頃、網《あみ》ノ浜《はま》から出て来て、市中をさまよい歩く白痴の乞食《こじき》、名代のダラダラ大坊《だいぼう》というのが前に立ちふさがった。`「いひひひひ」` 変な笑いに異状を示しながら、袂《たもと》の中から取出したのは大きな蝦蟇《ひきがえる》。それの片足を攫《つか》んでブラ提《さ》げながら、ブランブランと打振り打振り、果てはお綾の懐中《ふところ》に入れようとするのであった。`「きゃッ」` お綾は蛇も嫌いであるが、別してこの蝦蟇のイボイボを見ては、気絶するばかりに虫が好かぬのであった。` お綾が顔色を変えて逃げ出すのを見て、ダラダラ大坊は一層面白がって。`「わしの嫁になりんさい。それがイヤなら蝦蟇のイボイボを嘗《な》めんさい」そう云いながら追掛けた。` それを横合から出て救ってくれた一人の若侍。これは御側《おそば》小姓を勤める野末源之丞《のずえげんのじょう》というのであった。` それが縁となって、夜の京橋|上《うえ》に源之丞が謡曲《うたい》の声を合図として、お綾は裏口から河原に忍び出るとまで運んでいた。` お綾はその野末源之丞の許へ、小笠原金三郎の御落胤云々、と手紙を以て密告に及んだ。栴檀《せんだん》の木稲荷の絵馬売の老婆に託して、源之丞が射場通いの途中、密《そっ》と手渡して貰ったのであった。`「容易ならぬ一大事」` 早速野末源之丞から、新太郎少将の御耳に入れたのは勿論であった。

— posted by id at 01:56 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0525 sec.

http://vividnews.jp/