どの部屋も空いて居ります

「御覧の如く、未だどの部屋も空いて居ります。泊りの御客は夕方からで御座りまするで……」「しからばここにて一大事を申し聴かすであろうが、先ず第一に、その方に預けて置く品がある。さァ、駒越氏、例のをこれへ」 色の黒い駒越という浪人が、早速そこへ投出したのは、皮の腹巻のまま、ズシンと響く小判百枚。 九兵衛は意外に驚いた。これでは懐中欠乏とは嘘であった。同じ嘘でも、有ると云って無いのと、無いと云ってあるのとでは、大変な相違。「へえ――。こんなにお持合せで……」「いや、未だ他に二三百両は所持致す。けれども、なかなかこの先の物入が大変と存ずるので……ま、とにかくその百両だけは預かって置け」「へえ――」「まだ他に一品…………さァ金三郎様、ちょっと拝見の儀を……」 若侍は鷹揚《おうよう》に二ツ割の青竹の筒を出した。それを開くと中から錦の袋が出た。その袋の中からは普通の脇差《わきざし》が一口《ひとふり》。「さァ、拝見致せ」 錦の袋では脅かされたが、中から出たのは蝋色《ろういろ》朱磯草研出《しゅいそくさとぎだ》しの鞘《さや》。山坂吉兵衛《やまさかきちべえ》の小透《こすか》し鍔《つば》。鮫皮《さめかわ》に萌黄糸《もえぎいと》の大菱巻《おおひしまき》の※[#「木+霸」、第3水準1-86-28]《つか》、そこまでは平凡だが、中身を見るまでもない。目貫が銀の輪蝶《りんちょう》。擬《まが》いも無い池田家の定紋。 これを備前太守池田新太郎少将光政の差料としてははなはだ粗末な様ではあるが、奢侈《しゃし》嫌い、諸事御倹約の殿の事であるから、却って金銀を鏤《ちりば》めたのから見ると本物という事が点頭《うなずか》れるけれども、これは時として臣下に拝領を許される例もあるので、強《あなが》ち殿様の御差料とのみは断じられぬが、こうして大事そうに持っている上からは、何かこれは因縁があるに相違無いと考えて、中身を抜いて見るどころではなく押頂いてそれを返した。「恐れ多い儀で御座りまする」

— posted by id at 01:50 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0966 sec.

http://vividnews.jp/